磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

研修

研修 >> 記事詳細

2019/09/10

幼稚園の保育から支援の在り方を学ぶ

| by 管理者
 学習指導要領の改訂に伴い、「教師が何を指導したか」という視点から、「子どもが何をどのように学び、何ができるようになったか」を重視することとなっています。授業をはじめ、全ての教育活動において、子どもの主体性を尊重し、「学びたい、もっと知りたい」という気持ちを支援することが重要視されています。
 幼稚園の保育の現場では、まさに子ども一人一人の興味関心から保育活動を組み立てており、小学校の教育活動を行っていくうえで参考になることも多いと考え、全職員がこの一年の中で保育を参観して学ぶこととしました。
 本日は向笠幼稚園で、もも組(3歳児)の保育研修が行われるとのことで、小学校から4名の職員が参加しました。


 もも組の教室は、お店屋さん、秘密基地、制作の3つのコーナーが出来上がっており、子どもたちは思い思いに遊んでいました。遊びの中で環境とかかわり、友達とかかわることで遊びの幅を広げている様子を、幼稚園の先生が細かく見取り、必要に応じて声を掛けていました。


 子どもたちが降園した後、幼稚園の中で事後研修会が行われるとのことでしたので、そちらにも参加させてもらいました。子どもたち同士のかかわりを深めるために、環境設定はどうあったらよいのか、教師の声掛けや立ち位置はどうすれば良いのかなど、熱心に協議され、小学校の教育活動においても参考となるべきことが多く含まれていました。

 今後も、ゆり組(4歳児)、すみれ組(5歳児)の研修の際に、小学校から職員が一緒に参加させていただくことで、専門性の向上を図るとともに、幼稚園と小学校のつながりも深めたいと考えています。
17:03 | 全体

カウンタ

令和元年5月17日から34267