磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

実践報告

小中一貫教育 実践報告
2019/06/12

向陽学府第1回合同研修会が行われる

| by 管理者
 向陽学府4校(向笠小・大藤小・岩田小・向陽中)の職員が大藤小学校に集まり、第1回合同研修会を行いました。今回の研修会では、どの学校においても共通して、重点的に取り組む内容を確認しあうということが主な目的となりました。

 本学府長である向陽中 寺田校長からは、「このように一同に集まることで、学校間の職員がつながる、年齢を超えて各世代間の職員がつながることを期待している」旨の挨拶がありました。

 研修の方法として、本学府では「学びづくり部」「外国語活動・英語教育部」「心づくり部」「健康づくり部」の4部を構成し、どの職員もいずれかの部に所属することになっています。ただし、各学校でいずれかの部の企画・運営を担当することになっており、向笠小学校は「心づくり部」を担当しています。

 「心づくり部」では、道徳教育の充実を取組の重点として掲げ、「特別の教科 道徳」の中では物事を多面的多角的に考えることにつながる発問の工夫を全員で実践してみようということになりました。さらに道徳の時間以外の教育活動における取組として、向陽中学校で行われる入学説明会のあり方を例にとり話し合いが行われました。「小中学校の生活の違いを、中学生が小学生に対して小グループに分かれて教える」「中学生の授業や部活動を小学生に体験してもらう」など、積極的な意見が出されました。

 合同研修会は、年間3回予定されており、次回は8月2日に行われます。今回話し合われたことをもとに各校で実践を行い、その内容を持ち寄ることで、研修を深めます。


17:12
2019/06/10

中学校教員による乗り入れ授業(音楽編)

| by 管理者
 前回、小中一貫教育の一環として、英語の先生が本校に来て授業を行ってくれていることを報告しました。
 本日は、音楽科の門西先生が本校の3年生の授業に入り、リコーダーの指導を行ってくれました。子どもたちがリコーダーを吹いた後、門西先生にお手本を見せてもらいました。子どもたちは「何か違うね」「音がきれいだね」といった感想を発表しました。門西先生は「強く吹きすぎると音が高くなるよ」「指の腹でしっかり穴を押さえることが大事だよ」などと専門的な指導を行ってくれました。



11:23
2019/06/05

中学校教員による小学校への乗り入れ授業

| by 管理者
 向陽学府においては、小学校において、中学校教員の教科専門性を発揮し、子どもたちへの指導の充実と、中学校生活への不安を解消するために、乗り入れ授業を行っています。
 本校には、向陽中学校から、音楽と英語の担当教員が週に1回来てくれています。

 本日(6月5日)、加藤教諭が英語の授業のために来校してくれました。5年生と6年生の授業に入り、ALTと一緒に会話の練習をする際に、子どもたちに手本を見せるなどしていました。


11:31
2019/05/31

向陽中学校の体育大会を参観(6年)

| by 管理者
 小中一貫教育の取組の一つとして、本校6年生児童が向陽中学校の体育大会を参観しました。午後からの競技である縦割りのリレーと、全校生徒によるよさこいソーランの踊りを間近で観ることができました。
 子どもたちは、中学生の力一杯の走りとまとまった踊りに迫力を感じた様子で、「すごかった」と感想をもらしていました。さらに、演技後の休み時間に、本校の卒業生である中学生が6年生のもとに駆け寄ってきてくれて、「今の演技、どうだった?」と感想を求め、仲良く談笑する姿も見られました。





11:30
2019/05/17

向陽学府運営協議会が行われました

| by 管理者

 向笠・大藤・岩田の3地区の自治会連合会長、学校運営協議会委員代表、PTA会長、コミュニティスクールディレクターなど12名を迎え、向陽学府運営協議会を大藤小学校にて実施しました。
 同小学校の授業参観を行った後、学校側から本学府の一貫教育のあり方等について説明を行った後、参加者から本学府の子どもたちの実態をふまえ、今後つけさせたい力はどのようなものかなどについて協議を行いました。
 学校側からは、学府目標を「地域を愛し、生きる力を身につけ、国際社会に対応できる子」の育成と定め、3小合同で観音山自然体験学習を行っていることや学府のあいさつ運動(年3回)など子ども同士のつながりを図っていることや、中学校教員(英語・音楽)による小学校への乗り入れ授業など教員同士のつながりについて説明を行いました。
 参加者からは、「こういった取組を行ってくれているのはうれしい。ぜひ継続を。」「あいさつもできるようになっている。さらに高学年の子どもが引っ張ってほしい」「子どもたちは穏やかで仲がよいが、課題を乗り越えていくたくましさや自ら行動する姿勢、自分の意思を発信する力が弱いように感じる」などの声があがりました。
 特に「たくましさ」といったことについては、どの学校においても課題として挙げられており、今後の教育実践において重点的に取り組むべきことが焦点化されました。




11:29

カウンタ

令和元年5月17日から7270