磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

大切なお知らせ

2020/12/1 教育相談日のお知らせ

 12月のスクールカウンセラー来校日が12月15日(火)になりました。子どもに関わる様々な心配や悩みごとなど、教育相談のご希望がある方は、12月7日(月)までに、後日配布いたします「教育相談希望票」に必要事項をご記入のうえ、学級担任までご提出ください。


2020/11/27 「ふじのくにシステム」の更新のお知らせについて 警戒レベル1127更新.pdf

 静岡県では、新型コロナウイルス感染症対策の行動制限の決定システムとして、「ふじのくにシステム」を導入しています。11月27日現在の警戒レベルは「警戒レベル4(県内警戒、県外警戒)」です。(静岡市・浜松市はレベル5(特別警戒)相当)

 本県では、静岡市、浜松市等でクラスターが頻発し、感染拡大が進行しており、医療提供体制の逼迫が懸念されます。磐田市でも散発的な感染が発生が続いており、感染防止に細心の注意が必要です。感染流行期は「感染まん延期・中期」ですが、感染拡大を抑止するための正念場を迎えています。県民の皆様には、12月20日(日)までを集中対策期間として、最大限の感染防止行動を取ってくださいますよう切にお願いいたします。

<変更点等>

茨城県、京都府を、「慎重に行動」から、「特に慎重に行動」に変更。

岩手県、長野県、和歌山県、岡山県、山口県を、「注意して訪問可」から、「慎重に行動」に変更。

東京都、愛知県、大阪府などの大都市地域を中心に、高水準の新規感染者数の漸増傾向に歯止めがかからず、感染が深刻化しており、最大限の感染防止対策を講じるよう呼び掛ける。

北海道では、引き続き、感染リスクが回避できない場合、札幌市との往来を自粛していただくとともに、札幌市以外の訪問に際しても、最大限の感染防止行動をお願いする。

○ それ以外の地域では、急に感染が拡大する場合があることから、訪問前に現地情報を収集し、感染防止のための自衛措置を徹底いただくようお願いする。

 新型コロナウイルス感染症の相談先.pdf


 

学校日誌

学校日誌
12345
2020/12/01new

バラエティー豊かな「見て見て発見!発表会」2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 2日目の体育館も時間前から多くの子どもたちが、開演を待ちわびていました。計画委員会のオープニングアクトで会場は一つにまとまります。この日(12月1日)は、計7組の子どもたちのパフォーマンスが行われました。

 1年生有志によるダンスから始まり、5年生全員のダンス、4年生有志によるダンス、4年生男子の英語スピーチ、2年生有志による歌、ダンスクラブによるダンスと続いていきます。演じているどの子も、とても楽しそうです。





 発表会の最後は、6年生全員による劇が行われました。昨日は、学級全員でダンスを披露したところですが、今日は全員で劇を披露しました。学級による仲の良さ、まとまりといったものを感じさせてくれるものでした。


 二日間の発表会で、どの学年からも多くの参加者が様々なパフォーマンスを見せてくれたということになります。ステージから降りてきた子どもを、観ていた子どもたちが温かい拍手で迎えるというシーンを何度も見ました。こういった温かさが本校の子どもたちのいいところのひとつだなと感じます。


14:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/30new

BFCの活動でロープワークを学ぶ

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 この日(11月30日)の6校時は、「補充・発展学習」の時間ですが、BFC(少年消防クラブ)については、この時間に本年度初めての活動を実施しました。
 磐田市消防署東部分遣所の職員さんに来ていただいて、ロープワークとして、幾つかのロープの結び方を学びました。結び方を覚えた後は、2人組になって、2本のロープを結んだり、ジャングルジムにロープを結んだりして、実践で活用できるように演習を行いました。最後に、化学車と救急車の内部まで紹介してくれました。


 BFCに希望した4年生以上の12名の子どもたちは、すべての活動にとても前向きに取り組んでいました。



17:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/30new

どの子もすごいパフォーマンス!「見て見て発見!発表会」一日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 計画委員会主催の「見て見て発見!発表会」が、今年もやってきました。この日を待ちわびていたのはみんな一緒のようで、体育館にはすでに多くの子どもたちが詰めかけていました。ステージの幕が開くと、いきなり計画委員会の子がお揃いの衣装を着てルパン三世のテーマソングに合わせてダンスを始めました。体育館内は大きな手拍子でダンスを歓迎します。オープニングで、既に観客も一体となっています。


 この日は、計5組のパフォーマンスが披露されました。最初は、4年生男子による鍵盤ハーモニカの独奏からです。次に、3年生有志によるダンス、4年生有志によるダンスと続きます。4年生のステージを見ると「女子だけなのかな」と思っていると、体育館後ろで男子も踊っていてびっくりしました。6年生は学級全員でダンスを披露しました。この日の最後は3年生女子によるピアノ独奏でした。
<4年生男子 鍵盤ハーモニカ独奏>

<3年生有志 ダンス>
<4年生有志 ダンス>


<6年生 ダンス>

<3年生女子 ピアノ独奏>

 ステージに上がるどの子も、全く照れがないのです。堂々と踊る姿や楽器を演奏する姿に、観客である私たちの方が元気と勇気をもらうことができました。さらに、計画委員会の子どもたちの進行ぶりもよく考えられていて安心して楽しむことができました。明日は二日目の発表会が行われます。楽しみがまた一つ増えました。


14:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/26

冬に鍛える!~持久走記録会に向けた試走

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 今年度も持久走記録会を12月11日(予備日:15日)に予定しています。行事の精選が叫ばれ、持久走大会自体をなくした学校もあるように聴いていますが、本校では「記録会」という形で継続しようということにしました。

 この日(11月26日)は、本番に向けた試走の1回目が本番さながらに行われました。今年も、低学年は約800m、中学年は約1200m、高学年になると約1600mを駆け抜けます。これまで子どもたちは、昼休みなどを使って、自主的に練習してきたこともあり、総じて前向きに取り組んでいたように感じます。すごく辛そうな表情をしてゴールに戻ってくる子もいますが、途中であきらめる子は一人もいませんでした。最後まで走り切ることが何より重要なことです。

 さて、本校ではなぜ持久走記録会を継続したのか…一定距離を走り切ることは決して楽なことではありません。しかし、走り切ることができるだけの心と体を作っていくためには、自分なりに練習計画を立ててやり続けなければなりません。もちろん、本番だって辛くて苦しい場面に遭遇するでしょうが、歯を食いしばって頑張ることも必要になります。そういった「たくましさ」を子どもたちに身につけさせたいと考えたからです。さらに、同じ考えは、昨年度、保護者の皆様からのアンケート結果からも多く見られました。

 試走を終えた子どもたちを見ると、私は明らかに昨年度からの成長を感じました。「逞しさ」「自信」といったものを多くの子どもから見ることができました。ぜひ、ご家庭におかれましても、何位などという結果だけに目を向けるのではなく、子ども自身の頑張りに目を向け認めてあげてください。なお、次回の試走は12月2日(水)に予定しています。
<高学年女子のスタートの様子>
<高学年男子の様子>

15:12 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2020/11/25

今年度初めての参観会・懇談会を実施しました!

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
 保護者の方々に授業の様子を観ていただくのは、9月18日の学校公開日以来となりました。今回は、感染症対策を講じて、保護者の皆様にも安心して参観いただけるようにしました。その一端を紹介します。

 最も人数が多い2年生は、広い体育館で幾つかのグループに分かれて、跳び箱を行いました。

 他の学年については、クラスの隣の空き教室(多目的教室)を有効活用することとしました。1年生は、先日まで秋のものを使って楽器やおもちゃを作ってきましたので、2つの教室に分かれて、保護者の皆さんに一緒になって遊んでもらいました。4年生は算数の授業で複雑な形の面積の求め方について、2つの教室に分かれて、グループごとに話し合いを行いました。5年生は、先日の社会科見学で分かったことをテーマごとに発表する授業でしたが、2つの教室に発表する班とそれを聴く班の2班だけが入り、交互に交代することで、全員の発表を聴ける仕組みにしました。
<1年生>
<4年生>

<5年生>

 保護者の皆様には、学級内での一斉授業の場面では、教室に入っていただけるのは10名程度とし、あとは廊下での参観をおねがいするなど、大変ご不便をおかけしました。懇談会にも多くの方が残ってくださり嬉しい思いになりました。この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。


16:13 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12345

カウンタ

令和元年5月17日から273339