磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

研修

研修
12345
2021/07/21

自分の目標に向かって~水泳記録会~(6年 体育科)

| by 管理者
 この日(7/20)は水泳運動の最後の授業「水泳記録会」でした。子どもたちは、記録会に向けて、クロールや平泳ぎなどの泳ぎを一生懸命練習してきました。
 開会式では、代表の子が「クロールを最後まで泳ぎ切りたいです。」「平泳ぎをきれいに泳げるように頑張りたいです」など、めあてを発表しました。
 最初は、個人種目!一人ひとりの名前が呼ばれると、子どもたちから拍手が起こり、まるでオリンピック選手になったようでした。レースがスタートすると、「がんばれー!」「○○さん、速い!」など、子どもたちの熱い応援が響き、レースが終わると、頑張った子たちへ温かい拍手が送られました。
 次に、ファミリー対抗の4人×クロール25mリレーを行いました。レースがスタートすると、勝ちたい気持ちが子どもたちの泳ぎに表れました。授業では見たことのないスピードで泳ぐ姿に驚きでした。見ている子たちも、応援に気合が入り、レースは盛り上がりました。白熱した勝負ではありましたが、お互いに応援し合う良い雰囲気のリレー対決となりました。

 最後に、ファミリー対抗の全員リレーを行いました。「一人25mずつどんな方法で進んでもよい」という特別ルールにより、クロールを泳ぐ子もいれば、水の中をダッシュする子もいました。先ほどの真剣勝負とは打って変わり、和気あいあいとした楽しいリレーとなりました。
 閉会式では、代表の子が「しっかりと平泳ぎを泳ぐことができてよかったです。」「小学校生活最後の水泳が、楽しくできました。」などの振り返りを発表しました。「最初の授業のときより、泳げるようになったと思う人」と担任が尋ねると、ほとんど全員が手を挙げました。目標をもって練習してきた成果が表れ、子どもたちの自信につながった6年生の水泳授業でした。




17:34
2021/07/14

どんな窓にしようかな?(2年生 図画工作科)

| by 管理者
 この日(7月14日)の1時間目に、図画工作科「まどからこんにちは」の学習を行いました。今回は、カッターナイフを初めて使う授業です。
 まずは大型モニターを使って、安全に活動ができるように指導します。しっかりと安全な使い方を確認してから、いよいよ窓づくりにチャレンジ!「海のマンション」や「お化けハウス」など、子どもたちは自分が作りたいものを想像しながら、工作用紙のマス目を利用して、カッターで切り進めます。
 支援員さんにも入っていただき、安全に留意しながら、窓の開き方を工夫したり何が見えるか想像したりと、時間いっぱいまでみんな真剣に取り組みました。







19:27
2021/06/29

浮いたり、もぐったり…(2年生)

| by 管理者

水泳大好き2年生。自分から進んでチャレンジする子が多いです。「へんしん、浮きっこ」では、だるま浮き→クラゲ浮き→大の字浮き→伏し浮きと4種類の浮き技に連続で挑んでいます。1種目10秒浮き続けるのが目標です。「だるまさんがころんだ」「クラゲさんがういたよ」「あめんぼがうごいたよ」など掛け声も面白いです。最後は「ラッコ浮き」に挑戦。上向きで力を抜くことは、なかなか難しく初めは怖がっていましたが、慣れてくると上手に浮くことができるようになりました。今では、ビート板無しでもできる子がいます。2年生の泳力目標は「け伸びができる」です。











13:05
2021/06/28

水あそび、たのしいよ(1年生)

| by 管理者

6/17にプール開きをしてから、毎日楽しく水遊びをしています。先日(6/25)は、途中、大雨が降ってきましたが、プールから戻ってきた子どもたちの元気なこと!水に怖がることなく、約束を守って取り組んでいます。1年生の目標は、「伏し浮きができる」です。


 



13:02
2021/06/18

歴史のロマンを感じて…(6年 社会科)

| by 管理者
 この日(6月16日)の2~4時間目に、6年生はしっぺいバスを利用して、市内歴史探訪に出かけました。先日(11日)行った、文化財課の職員をお招きしての歴史訪問授業に続く学習です。
 まず最初に向かったのは、市立図書館に隣接する「埋蔵文化財センター」です。全員初めて訪れるとあって、出発前からワクワク気分。訪問授業の講師であった詰石さんが、外で到着を待っていてくれました。
最初に2階の研修室に上がり、遠州国分寺のCG動画を視聴。次に訪れる「遠州国分寺跡」の予習をします。七重の塔、朱色の大きな金堂…。CGによるイメージ動画ではあるものの、1000年以上も前に、磐田にこのような建造物があったことに、驚きの声が上がります。

 視聴が終わると、いよいよ楽しみにしていたセンター展示品の見学です。何といっても一番見たかったのは、新豊院山古墳から出土した『三角縁神獣鏡』です。本物を初めて見た子どもたち。「これが静岡県で9枚発見されて、そのうち磐田市で5枚かぁ…。」と感慨深げに見ている子、市内から出土した数多くの埋蔵文化財を、一つ一つ時間をかけて見学をしている子、権現山古墳から出土した鉄鏃(てつぞく)を食い入るように見ている子…。どの子も真剣なまなざしでした。

 
 
 
 次は「遠州国分寺跡」の見学です。予習したCG動画のように、みんなで南門から馬に乗ってのイメージで入場し、そのまま七重の塔があった場所へ進みます。心柱を支えていた巨石に驚き、周りに落ちていた当時の本物の瓦(破片)の発見で、さらにびっくりの子どもたち!その後は、またたく間に「瓦探し大会」になりました。約10分間に探し出した瓦の破片は50個以上。もちろん持ち帰りは厳禁。欲しそうな子どもも大勢いましたが、そこはさすがの6年生。詰石さんにしっかりとお渡ししました。

 

 続いて、銚子塚古墳と新豊院山古墳にも訪れました。あいにくの雨で古墳に登ったり周囲を歩いたりすることはできませんでしたが、外観の見学や、詰石さんのお話で、しっかりと学びを深めました。
 磐田市の歴史を、自分たちの目と耳で確かめることができた歴史探訪。短い時間でしたが、歴史のロマンを感じながらの、素敵な時間となりました。


10:12
2021/06/14

大昔の人々のくらし~歴史訪問授業~(6年 社会科)

| by 管理者
 この日(6月11日)の3、4時間目に、磐田市埋蔵文化財課の職員(安藤さん、詰石さん)をお招きし、6年生の「歴史訪問授業」が行われました。
 前半は、大昔の人々が、現在の磐田市でどのようなくらしをしていたのかについて、パワーポイントや歴史年表を使って詳しく説明していただきました。向笠小校区からは、歴史的価値の高い埋蔵文化財が数多く出土しているという話に、子どもたちの話を聞く姿勢は真剣そのもの!埋蔵文化財センターの展示物には、新豊院山古墳をはじめ、なんと学校の裏山である権現山(権現山古墳)から出土したものもあるというお話に、さらに子どもたちの興味は高まります。

 
 
 後半は、みんなが楽しみにしていた体験学習です。まずは弓矢体験。竹で作った弓矢で、動物と見立てた段ボールを射抜くという、一見簡単そうな体験学習ですが、どの子も思うように矢が飛びません。本当であれば、動いている動物が標的。少しずつ上達したものの、6年生全員のチャレンジでも、結局本日の収穫はゼロ…。大昔の人々が、生きていくために食料を確保することがどれだけ難しかったのかを、実体験を通して学びました。

 
 次は、火起こし体験です。コツを教えていただき、いざチャレンジ!火起こし器を器用に操作し、懸命に火起こしをします。すると、体育館通路に焦げたにおいが少しずつ漂います。「やったー!煙が出たよ!」と嬉しそうな声があちこちから聞こえます。安藤さんや詰石さんからも、「みんな上手だね。」と声を掛けていただきました。
 16日(水)には、しっぺいバスを利用して、埋蔵文化財センターや国分寺跡、銚子塚古墳等の歴史探訪学習に出かける子どもたち。磐田市の歴史を肌で感じながら、さらに学びを深めてきます。


09:09
2021/06/14

おいしくいためてクッキング!(6年 家庭科)

| by 管理者
 この日(6月10日)の3、4時間目に、6年生は家庭科の調理実習で「野菜いため」を作りました。感染症対策をしっかりと講じながら、各自が選び持参した野菜を使っての実習です。
 本時の学習は「野菜の特徴によって加熱の仕方が違うことから、野菜の切り方や加熱の仕方を考え、野菜いためを作ること」が一番の目標です。子どもたちは、それぞれの計画に沿って、野菜を洗い、包丁を使ってカット。そして、順番を考えながら上手にいためていきます。家庭科室にはおいしそうなにおいが漂い、予定通り、全員が無事完成!
 こうして出来上がったオリジナルの野菜いためを、給食の時間に「追加の一品」として、おいしくいただきました。






08:54
2021/06/10

大きく育ってね!~田植え~(5年 総合的な学習の時間)

| by 管理者
 この日(6月9日)の2、3時間目に、本校の学校田において5年生が「田植え」を行いました。先月28日(金)には、苗を植えるための田んぼの準備(代かき)を、泥だらけになりながら行った子どもたち。今日も地元農家の松野さんに御協力いただきました。
 水着を着こみ、やる気満々の顔で、田んぼに向かう5年生!松野さんの御指導のもと、手に取った苗を植えていきます。ピンと張った糸に沿って苗を植えるのですが、簡単そうでなかなか難しい!まっすぐに植える難しさを実感しながら、なんとか無事に田植えを終えました。
 集団登校の際に、学校田の前を通る子どもたちは、苗の様子を気にしながら登校しています。収穫まで、先はまだまだ長いですが、大きく成長し、無事収穫の日を迎えることを、今から楽しみにしている子どもたちです。







16:13
2021/06/04

ヤゴ救出大作戦!(3年 総合的な学習の時間)

| by 管理者
 この日(6月2日)の2、3時間目に、3年生は「ヤゴ救出大作戦」を行いました。桶ケ谷沼ビジターセンター所長である、内野先生より御指導を受け、楽しく安全にヤゴを救出することができました。約400~500の小さい命を救うことができ、子どもたちも大満足!
 この後は、教室でトンボになるまで飼育していきます。スポイトで赤ムシをあげる姿が、とっても微笑ましいです。






18:01
2021/06/03

10秒で1リットル?(4年 社会科)

| by 管理者
 この日(6月1日)の3時間目に、4年生の社会科の学習の一環として、静岡県水利用課 津島さんを講師としてお招きし、「水の出前講座」を開催しました。
 『水の循環』をテーマに進められたこの出前講座。まずは、今までの学習についてパネルを使って復習し、私たちが生活で利用している水は、「家庭(生活利用)⇒排水⇒処理場⇒川⇒海⇒蒸発(雲)⇒雨⇒川⇒浄水場⇒家庭(生活利用)…」と循環していることを再確認します。

 次はいよいよ実験です。全員が流し場に集まり、蛇口を10秒間ひねったままにすると、どのくらい水が溜まるのか、予想を立てながら実験スタート!すると、用意した容器の1リットルのラインまで溜まります。「えっ、すごい量!」「10秒間でこんなに?」とつぶやく子どもたち。手洗いや歯磨きなどのとき、何気なく出しっぱなしにしている水量が、意外にも多いことに驚いた様子です。

 
 次の実験では、あらかじめ担任が用意した、太田川上流の水と、米のとぎ汁の2種類を、簡易検査容器に取り入れ、色の変化でその水のきれいさを確認します。子どもたちが具体的に理解できるよう、ピンク色に変化すれば、魚が住めるくらいきれいな水であるということを、津島さんが示します。 
 
 
 まずは太田川の上流の水。容器に水を取り入れると、きれいなピンク色を示します。ところが次の米のとぎ汁は、青色に変色。米は自分たちの主食であることから、この思わぬ結果に子どもたちは本日2度目の驚きの表情を見せます。さらに、太田川上流の水に、オレンジジュースを2,3滴投入。その水を容器に取り入れると、青色に変化!本日3度目のびっくりです!!最後は、今日の実験からどんなことを考えながら生活していくことが大切かをみんなで考えました。
 45分間の出前講座でしたが、単元のまとめの学習として、大変学びが深まった学習となりました。


07:07
12345

カウンタ

令和元(2019)年5月17日から452095