磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 
令和2年度日課表における変更点について
                           
1 読書活動の充実

 「読書タイム」は週1回となるが、家庭での「読書デー」を設定することにより、じっくり本と親しむ機会を設定する。この中で出合ったお気に入りの本を、Fタイム で異学年の子どもに読み聞かせを行ったり、本を紹介しあったりするなどの活動を行うことで、さらに子どもたちの読書への関心を高めたい。
2 60分(45分+15分)授業の設定
 理科の実験、図工や書写等の実技教科などは、通常の45分授業の場合、準備や片付けが含まれるため、子どもたちがじっくり活動に取り組める時間は限られてしまう。そのため、3分の1単位時間をうまく組み合わせることで、子どもの活動時間を十分に確保したい。さらに、このような運用を行うことで、外国語科(活動)での増時数分を賄うために授業日数や週の授業時数を増やす必要がなくなる。
3 補充・発展学習の時間の確保
 月曜日6校時を「補充・発展学習」の時間と位置づける。すべての子どもが最低規準の学習内容をマスターできるようにするために、「分からない」「できない」子どもを「分かる」「できる」状況まで高めるよう個に応じた学習支援を行い、基礎学力の確実な定着を図る。
加えて、授業において身に付けてきた基礎的・基本的な内容を基にして、より広げたり深めたりする発展的学習を行いたいと希望する子どもたちに対してもその場を提供することとする。 
4 「ファミリータイム」の新設
 週2回、午後1時20分から35分までの15分間を「ファミリータイム」として新たに設定する。異学年で一緒に遊ぶことや行事に向けての話し合いはもとより、学級で習ったことを発表しあったり、気に入った本の紹介や読み聞かせを行ったりするなど、多様な活動が考えられる。
 高学年がファミリータイムのねらいをしっかり理解し、一年間の見通しを持ち主体的に活動できるよう支援を行う。さらに、ファミリーの掲示板を作り、足跡が見えるようにしていきたい。
 

カウンタ

令和元年5月17日から242805