磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

学校日誌

新規日誌1
12345
2019/07/17

ブルーベリージャムおいしくいただきました

| by 管理者
7月10日に、全校で橙香園(とうこうえん)さんで獲ったブルーベリーを、給食室でジャムにし、パンにつけていただきました。実がいっぱいのジャムで、子どもたちは「おいしい!!」と言っていただきました。自分たちが収穫したブルーベリーなので、特別なおいしさです。

12:16
2019/07/16

校門前の側溝の掃除をしてくれました

| by 管理者
 先週の終わりに、定期的に校門前で子どもたちに朝の挨拶をしてくださっている民生委員の方から「側溝の中に、泥や枯れ草が溜まっている。これでは、大雨の際に水が噴き出すかもしれない。」とのご指摘をいただきました。
 側溝のグレーチングは、ボルトで硬く固定されているため、磐田市の道路河川課に連絡を取り、何とかしてほしい旨の依頼をしました。
 すると、早速、来校してくれて、側溝をきれいにしてくれました。この迅速な対応がとても嬉しかったです。


17:36
2019/07/11

ブルーベリー狩りが新聞に掲載されました

| by 管理者
7月10日に、全校児童で行ったブルーベリー狩りの様子が、中日新聞に掲載されました。

20:19
2019/07/11

6年生 ピア・サポート~人とのかかわりを豊かにするために~

| by 管理者

6年生の総合的な学習の時間に、浜松市教育総合支援センターの山口権治氏を講師にお招きし、ピア・サポートのワークショップを行いました。山口氏の他に、ピア・サポートの支援活動をする6名の方々も来校され、子どもたちのグループに入って一緒に活動してくださいました。

活動を通して、互いのことを知り、人と支え合いながら良好な人間関係を築いて、今後の生活に生かすことをねらいとしました。

ワークショップでは、4~5人のグループになり、3つの活動を行いました。

   ネームゲーム ②足し算ゲーム ③名画づくり

グループの仲間が、互いに助け合い、協力しながらそれぞれの活動に取り組みました。友達が困っていたら、他のメンバーが助け、課題を解決します。互いの話を聞くときの「3つのこつ」があり、活動中は、常に意識しました。


授業の終わりに、山口氏が「いいたいことが言えた人?」と質問すると、全員が挙手しました。すると「それは、聞き手がしっかり意識できているから」と山口氏。「この活動、楽しかった人」の質問にも、全員が挙手。「人は、いいたいことが言えると楽しい。人は自分のことを伝えたい。だから、聞き手は、話し手が気分よく話せるように聞くことが大切。授業や友達との関わりにも生かせるといいね。」と山口氏がお話してくださいました。
授業後の6年生の振り返りを紹介します。
「笑顔で反応しながら聞くと、話し手も話しやすいということに気付いた。みんなで協力しながらできて、とても楽しかった。」
「人間関係は、むずかしいことだと思ったけど、今回の活動を生かしていけば、そんなにむずかしいことではなさそうに思えてきた。話していると、相手の人の気持ちや思いが伝わってきているような気がした。」
「今日やったことを、今日から取り入れて、楽しく過ごしたい。」

 

 

 


19:46
2019/07/11

昆虫くんがやってきた!~夏の自由研究編~

| by 管理者
 本日、磐田市竜洋昆虫自然観察公園から「昆虫くん」が、向笠小に来てくださいました。今回は、3・4年生に、夏の自由研究でどんなことを調べてみたらおもしろそうか、そのヒントを伝えていただきました。自由研究では、「なんで?どうなってるの?」など気になることをさがして、その疑問を解決するために、どうしたらいいのか方法を考えて、実際に観察したり本で調べたり人に聞いたりして、「これが分かった!こういうことね!はじめて知った!」が大切だということを、分かりやすく教えてくださいました。子どもたちにも、身近にいる生き物で、日頃から疑問に思っていることを調べてみたいという思いをもつよい機会となりました。


16:41 | 今日の出来事
12345

カウンタ

令和元年5月17日から14368