磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

保健室から

保健室から
12
2019/10/15

薬学講座を実施しました(6年)

| by 管理者

6年生を対象に、薬学講座を実施しました。学校薬剤師の高柳先生より、医薬品の正しい使用方法、酒とたばこの害、薬物乱用についてお話いただきました。
医薬品の話では、鉄剤を溶かした水の中にお茶を入れるとどうなるか…という実験をやらせてもらいました。水は黒くにごり、なぜ薬は水で飲む必要があるのか目に見えて分かったようです。

 

酒やたばこの害については知識がある児童も多かったですが、実際にたばこを見せてもらった後、もし大人や先輩に誘われたらどうする…?というロールプレイングを通して、断る練習も行いました。

薬物にも様々な種類があり、危険ドラッグという一見薬物に見えないものも増えているという話を聞きました。これから、酒やたばこ、薬物の誘いを受ける機会があるかもしれません。今日の話を忘れずに、しっかりと断る勇気を持ってほしいと思います。

最後に質問を受け付けてくれましたが、「お茶で飲んでいい薬もありますか?」「薬をジュースで飲んでもいいですか?」と積極的に質問し、飲んで良いものと悪いものがあることが分かりました。これからは、自分の体の中に入る薬に関心を持ち、薬を処方されたときに薬剤師の先生に質問できると良いですね。


17:27 | 保健室から
2019/10/08

向陽学府合同学校保健委員会を開催しました

| by 管理者

 10月7日(月)岩田小学校にて、向陽学府合同学校保健委員会を開催しました。本校からは、PTA役員の15名の方が出席してくださいました。

 学府の養護教諭から「早く寝よう週間」の取り組みについての結果報告をした後、常葉大学から赤塚めぐみ先生を講師にお迎えし、「心も体も元気な子~特別支援教育の立場から~」というテーマで御講話をいただきました。大変興味深い内容でしたので御紹介します。

〇早寝早起きの大切さについて

 早寝早起きをすると、メラトニンとセロトニンというホルモンが出る。これが不足すると、イライラしたり不安になったりと、精神面でも影響がある。赤塚先生が関わったお子さんの中には、生活リズムを改善したら、落ち着いて生活できるようになったという子もいる。子どもの寝かしつけは大変だが、朝、決まった時間に起こすことで体内時計がリセットされ、夜も決まった時間に寝るリズムが作りやすくなる。

〇子どもの社会的適応能力を高める

 ルールに従うことは、一般的にすごく疲れて大変なこと。それでも我慢して生活できるのは、みんなと一緒に生活したいから。周囲との人間関係が築けていないと、誰のために我慢するの…となってしまう。

 「適応する」とは備わっている能力が実行できること。周囲の影響力は大きく、大人・家庭・学校の関わり方次第で、能力の実行が促進されたり、阻害されたりする。「ほめること」「叱ること」は伝わり方次第で、大人はほめているつもりでも、叱られたと感じる子もいる(すごく大きな声でほめられたとして、大きな声が嫌で叱られていると思い込んでしまう等)。「この子はどんな風に受け止める癖があるだろうか?」「私はどんな風に伝える癖があるだろうか?」を考えて、子どもへの伝え方を考える必要がある。

〇子どもの理解の個性を知る

 「見て分かる」「聞いて分かる」は人それぞれで、自分にとって分かりやすい伝え方が相手にも分かりやすいとは限らないことを理解する。1回言えば伝わる人、2回言ったら伝わる人、文字にしたら伝わる人、文字と絵で伝わる人、理解の個性は様々。

〇「ほめる」と「叱る」のルール

 子どもの行動を3つに分類し、ルールを事前に示すとよい。

①増やしたい行動(好ましい行動)

②減らしたい行動(好ましくない方法)

③すぐに止めるべき行動(破壊的・人を傷つける行動)

あれもこれもダメ!ではなく、②と③を見極める。子どもの存在を受容する態度でほめる・叱る、小さな努力を見逃さない、大人の尺度には当てはめないが、大人が望んでいることは常に知らせることで、伝わりやすくなる。
御出席いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。


18:52 | 保健室から
2019/10/07

早く寝るためにどうしたら良いか(5年 保健指導)

| by 管理者
 本日(10月7日)、養護教諭が5年生に対して保健指導を行いました。テーマは、「10時までに寝るためにどうしたらよいか」です。


 ワークシートに自分の一日の生活を書き入れて、お互いに紹介しあいました。「こんなに長い時間ゲームやってるの?」「お風呂に入るのがこんなに遅いの?」など、質問しあいました。その後、自分でもう一度、自らの生活を振り返って、直すべきところや続けていきたい習慣をワークシートに書きました。


「寝る前にゲームや本を読むけど、ついつい面白くて長引いちゃう。いいところで切るようにしたい。」「宿題などやるべきことは早めに終えるようにしたい」など、自分の生活を振り返り改善すべきことなどを見つけられたようでした。
12:00 | 保健指導
2019/10/04

ほけんだより(10月号)を掲載します

| by 管理者
 11日(金)まで、「目を大切にしよう週間」です。ほけんだよりを読みながら、どうしたら目を大切にできるか家族で考えてみてください。
 4月の視力検査後の受診はお済みですか?視力が低下したまま過ごしていると目に負担がかかります。眼鏡を使用しているお子さんも、定期的に受診することをお勧めします。

10月.pdf
14:15 | ほけんだより
2019/10/01

保健室前掲示 目を大切にしよう

| by 管理者


10月の保健目標は、「目を大切にしよう」です。
テレビやゲームをやるときの姿勢は悪くないですか?
前髪が目にかかるほど長くありませんか?
10月10日は「目の愛護デー」です。目の健康を意識して生活しましょう。

朝晩は冷えますが、日中はまだまだ暑いですね。もう秋だからと油断せず、こまめに水分補給をして、熱中症を予防しましょう。
18:29 | 掲示
2019/09/13

「健康の日」クイズでけがの手当てを覚えました

| by 管理者
今月の保健のめあては「けがを予防しよう」です。
けがをしないのがいちばんですが、けがをしてしまったときにどうしたら良いか、2択クイズをしながら覚えました。

「すり傷」は「水で洗う」
「打撲」は「冷やす」
「鼻血」は「鼻をつまんで下を向く」 ことを覚えました。多くの児童が全部正解できていましたが、保健室に来室する児童の多くは、転んでも砂がついたまま来室します。その都度指導するようにしていますが、けがの手当ては自分でもできるということを意識して、実践できると良いですね。
17:25 | 保健室から
2019/09/05

ほけんだより(9月号)を掲載します

| by 管理者
 夏休み明けで生活リズムが整わず、苦労されている御家庭もあるかと思います。疲れが出て体調も崩しやすくなりますので、夜は早めにゆっくり眠れると良いですね。ほけんだよりを見ながら、生活リズムについてお子さんと話をしてみてください。

9月.pdf
13:51 | ほけんだより
2019/09/02

9月9日は救急の日です(保健室から)

| by 管理者

9月の保健室前の掲示です。
今月の目標は「けがを予防しよう」です。9月は1年の中でもけがの発生が多いと言われています。また、9月9日は「救急の日」です。
けが予防を意識して生活し、手当てについても学びましょう。

熱中症の危険レベルについては引き続き表示してあります。まだまだ暑い日が続いています。こまめな水分補給で、熱中症を予防しましょう。
15:26 | 掲示
2019/07/04

ほけんだより(7月号)を掲載します

| by 管理者
 蒸し暑さや気候の変化の影響もあり体調を崩す児童が増えています。熱中症予防のためにも規則正しい生活を送り、毎朝の健康観察を大切にしましょう。
 西日本で、「手足口病」の流行が警報レベルを超えたそうです。夏の感染症に注意しましょう。
7月.pdf
14:50 | ほけんだより
2019/07/03

保健室前掲示 熱中症の危険レベルを表示しています

| by 管理者

 7月の掲示は、健康の日でも話をした「熱中症予防のレスキュー」と共に、現在の熱中症危険レベルがわかるようにしました。
 熱中症対策で、少なくとも午前中に1回、午後に1回は熱中症指数(WBGT)を測定しています。職員室には気温とWBGT指数の表示がありましたが、子どもたちも見てわかるように、保健室前にも掲示しました。測定時間、危険レベル、注意喚起を表示することで、熱中症の予防について意識してほしいと思います。

 熱中症危険レベルによって、掲示を貼り替えます。まだまだ暑い日が続きますが、体調をととのえて元気に学校生活を送りましょう。
15:52 | 掲示
12

カウンタ

令和元年5月17日から52093