磐田市立向笠小学校

Tel. 0538-38-0390  Fax. 0538-38-3635
〒438-0013 静岡県磐田市向笠竹之内391番地6

 
 

給食献立・毎日の給食

給食献立
12345
2022/06/28new

6月28日(火)の給食

| by mukasa-e

献立
 麦ごはん 牛乳 マーボー豆腐 しらす入りしゅうまい 茎わかめの中華和え
ひとこと話
 しらすは、静岡県に面した遠州灘で育ったものです。しらすは、いわしの子供で、静岡県では3月の終わりから1月の中頃までの間、しらす漁が行われます。磐田市の福田港でも、たくさんのしらすが水揚げされます。生のまま、または塩ゆでにしたり、ゆでたものを干したりして加工されています。

13:47
2022/06/27new

6月27日(月)の給食

| by mukasa-e

献立
 うどん 五目うどんの汁 牛乳 カシューナッツ煮干し こふき芋 冷凍みかん
ひとこと話
 お皿の上のおかず「カシューナッツ煮干しは」は、カルシウムたっぷりの煮干しをt買った、噛みごたえのある料理です。一口30回を意識して良く噛んでいただきましょう。よくかむと、口周りの筋肉も動くため、言葉の発音がはっきりできる効果も期待できます。

13:03
2022/06/24new

6月24日(金)の給食

| by mukasa-e
献立
 ごはん 牛乳 さけフライ じゃがいもの土佐煮 豚汁
ひとこと話
 ミニやごちゃんの「や」の料理「じゃがいもの土佐煮」の主役「じゃがいも」について紹介します。春から夏にかけて新じゃがいもが収穫されます。じゃがいもの全国一の生産地は北海道ですが、新じゃがいもの産地は、3月から8月頃にかけて、日本列島の南から北、つまり九州から北海道に向かって移動します。磐田市の学校給食にも4月は九州、6月は浜松市、7月には東北地方で育てられたじゃがいもが届くことがあります。新じゃがいもは、水分が多く、みずみずしいのが特徴です。今日はかつおぶしと煮込んだ「土佐煮」で新じゃがいもを味わってみましょう。

13:02
2022/06/23new

6月23日(木)の給食

| by mukasa-e

献立
 ごはん 牛乳 鶏肉とカシューナッツの甘酢炒め ゆでトウモロコシ チンゲン菜入り中華スープ
ひとこと話
 とうもろこしは、今が一番おいしい旬の野菜です。お店で売られているほとんどは「スイートコーン」という甘みのある種類のとうもろこしです。とうもろこしは、新鮮なほど甘みが強くなります。森町のとうもろこしは有名で、この時期、採れたてのとうもろこしを買うために朝早くから行列できるそうです。クイズです。心の中で答えましょう。とうもろこしの実がつく頃に咲く花には、おしべとめしべがある。ホントでしょうか。ウソでしょうか。答えはウソです。実がつく頃に咲く花は、めしべだけがある雌花です。では、おしべがある雄花はどこに咲くのでしょうか。興味がある人は調べてみましょう。

12:09
2022/06/21

6月21日(火)の給食

| by mukasa-e

献立
 麦ごはん 牛乳 ビビンバの具(にく・たまご) ビビンバの具(ナムル) トックとわかめスープ
ひとこと話
 「ビビンバ」は韓国の料理です。「ビビン」は混ぜる、「バ」はごはんという意味です。韓国では野菜などの和え物を「ナムル」と言います。今日の給食では、肉と卵を合わせた具と、もやしとほうれん草のナムルをご飯に混ぜてビビンバを楽しんでみましょう。スープには、お米で作った韓国のお餅「トック」が入っています。ミニやごちゃんの「ご」、主食であるごはんは、脳や体のエネルギーのものになります。学校での勉強や運動で実力を発揮できるように、ビビンバで主食のごはんもしっかり体にと入り入れましょう。

13:20
2022/06/20

6月20日(月)の給食

| by mukasa-e

献立
 ナン 牛乳 ひよこ豆とごぼうのキーマカレー マスタードポテト フルーツヨーグルト
ひとこと話
 ミニやごちゃんの「ご」はナンです。ナンは窯で焼いた小麦粉のパンです。汁椀のキーマカレーは、ひき肉のカレーです。今日はカレーの本場インドでもおなじみの「ひよこ豆」の入ったキーマカレーをナンにつけていただきましょう。クイズです。インドでは打ヒと呼ばれるヨーグルトが、いろいろな料理やデザートに使われます。ヨーグルトを使ったインドの代表的な飲み物の名前は、次の3つのうちどれでしょう。心の中で答えましょう。1番ナッシー 2番ラッシー 3番くっしー 答えは2番んのラッシーです。スパイシーなカレーによく合う、甘くてさっぱりしたドリンクです。

07:48
2022/06/17

6月17日(金)の給食

| by mukasa-e

献立
 ごはん しらすゆかりふりかけ 牛乳 じゃがいものそぼろ煮 チンゲン菜入りかきたま汁 磐田茶プリン
ひとこと話
 6月13日~18日のふるさと給食週間にちなんだ献立です。今日の静岡県や磐田市の地場産物は、お米、牛乳、しらすぼし、かきたま汁の卵とチンゲンサイと豆腐の大豆、デザートのプリンに入っているお茶です。磐田市では主に岩田原大地でお茶の栽培が行われています。ららぽーとの周囲一面に広がっているお茶畑を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。磐田市で、やぶきたという種類のお茶の栽培が始められたのは、100年以上前だそうです。今日はお茶の歯の粉が入ったプリンで、いわた茶の風味や色を楽しんでみましょう。

12:27
2022/06/16

6月16日(木)の給食

| by mukasa-e

献立
 ごはん 牛乳 黒はんぺん お茶フライ 子メロン入り即席漬け なすのみそ汁 プルーンヨーグルト
ひとこと話
 6月13日~18日のふるさと給食週間にちなんだ献立です。今日の静岡県や磐田市地場産物は、お米牛乳、黒はんぺんとお茶、即席漬けのキャベツと子メロン、みそ汁のなすです。黒はんぺんは、静岡県の特産品です。黒はんぺんは、静岡県の海「駿河湾」で育つ鰯や鯖を骨ごとすりつぶして作れます。今日は、衣に静岡県のお茶が入ったお茶フライで、黒はんぺんを味わってみましょう。静岡県は全国でも有名な高級マスクメロンの産地です。1株に1個のメロンを育てるため、他のメロンは小さいうちに収穫します。これが子メロンです。子メロンがいただけるのは、産地ならではですね。

12:21
2022/06/15

6月15日(水)の給食

| by mukasa-e

献立
 角型食パン 磐田のいちごジャム 牛乳 えび芋コロッケ ラタトゥイユ コーンクリームスープ
ひとこと話
 6月13日~18日のふるさと給食週間にちなんだ献立です。今日の静岡県や磐田市で育てられた主な地場産物は、牛乳、ラタトゥイユなすとトマト、えび芋コロッケ、ジャムのいちごです。食パンにも静岡県で育てられた小麦の粉が使われています。ラタトゥイユは、南フランス生まれの料理です。オリーブ油とニンニクを炒め、玉ねぎと一緒にトマト、ズッキーニ、なす、ピーマンなどの夏野菜をじっくり煮込んで作ります。トマトソースのように、魚のフライにかけたりパスタのソースとしても楽しめる料理です。 

12:58
2022/06/14

6月14日(火)の給食

| by mukasa-e

献立
 磐田の玄米入りごはん 牛乳 ホキの薬味だれ もやしとチンゲンサイのごま和え はんぺんのすまし汁 お誕生日デザート
ひとこと話
 (ふるさと給食週間にちなんだ献立です。)今日の静岡県や磐田市で育てられた地場産物は、お米、牛乳、ごま和えのチンゲンサイともやし、デザートみかんです。ミニやごちゃんの「ご」は、磐田の玄米入りごはんです。薄い黄土色を下お米が玄米です。玄米の周りの糠と呼ばれるうすい黄土色の部分と、胚芽と呼ばれる部運を取り除いたお米が白米です。普段の給食では、白米を炊いたご飯をいただいています。糠と胚芽がついている玄米には、食物繊維やビタミン、ミネラルが、白米よりもたくさん含まれています。よく噛んで磐田の玄米入りごはんを味わってみましょう。

12:22
12345

カウンタ

令和元(2019)年5月17日から698923